目立たない矯正

歯の色に近い矯正装置【セラミックブラケット矯正装置】

見た目が気になるという方へ

従来の矯正装置には、金属製の「メタルブラケット矯正装置」が使われてきました。
しかし、外見上の違和感は相当なものがあり、このことが理由で矯正治療に踏み出せないという方も、多いのではないでしょうか。

そこで当院では、歯の色に近い陶器製の素材を使用した、「セラミックブラケット矯正装置」をご用意しています。
見た目の点で悩んでいた方は、お気軽にご相談ください。
無料カウンセリングのお時間に、模型を利用した実際の装着状態をご確認いただけます。

ほかの材料と比較した、セラミックの特性

矯正器具の仕組みは、歯に「ブラケット」と呼ばれるパーツを固定し、これらにワイヤーを通して全体を引っ張るものです。
歯が動くにしたがって、ワイヤーとブラケットがこすれ合うため、従来は摩耗の少ないメタル素材が使われてきました。

矯正装置のなかには、見た目を考慮したプラスチック素材のものもございますが、この場合、摩耗が気にかかるところです。
そこで、色合いの自然さと耐久性を兼ね備えた「セラミックブラケット矯正装置」をお薦めします。
もちろん、固定に際しては、人体に無害な接着剤を使用します。

使用するワイヤーについて

柔らかな形状記憶合金を使っていますので、装着直後には、ほとんど痛みを感じません。
その後、体温で暖まるにつれフィットするようになり、次第に硬化していきます。
このとき、締め付け感を覚えますが、かつてのような痛さは大幅に減少されています。

金属というと、温められて柔らかくなるイメージがありますが、この場合は逆です。
形状記憶合金とセラミックの特性を生かした技術により、「痛さ」と「見た目」の二大要因が低減されるようになりました。

メリットとデメリット

セラミックブラケット矯正装置のメリット
装着していても目立たない
性別や年齢、症例を問わず、あらゆる症例の治療に対応可能
金属やプラスチックと異なり、天然素材を利用しているので、体に優しい
セラミックブラケット矯正装置のデメリット
完全に見えないわけではない
結婚式などの重大な理由がない限り、原則として固定
口内に違和感を覚える

生活上の注意点

1カ月に一度をめどに通院し、治療の効果を確認しながら調整をしていきます。
トータルの治療期間は、症状によっても異なりますが、平均して2年といわれています。

装置に慣れないうちは、歯磨きが難しいでしょう。
当院の医師や衛生師が、丁寧にトレーニングをいたします。
分からないことや不安な点がございましたら、お気軽にご相談ください。

料金表